転職したいと思っていても行動できない理由を解説

本ページは広告・プロモーションを含みます

こんにちは。この記事を書いているあすかです。

この記事では、転職したいと思っているけれど、実際に行動できない理由を解説していきます。

別の会社で働きたいと思いながらも、なかなか行動できないのは、よくあることです。

実際、転職したいと思っているだけでは、一生転職することはできません。

この記事を読むと、転職したいと思っていても、行動するのが難しい理由と、実際に行動するにはどうしたらいいかがわかるように解説していきます。

転職するのを決めていて、転職サイトを探している方におすすめの転職サイトはこちらです。登録・利用は無料です。

目次

転職したいと思っていても行動できない3つの理由

実際、転職したいと思っている方でも、なかなか行動できないことが多いと思います。

その理由は、この3つです。

・なんだかんだ給料がもらえている
・転職したことがない
・時間が取れない

給料がもらえている

1つ目の理由は、なんだかんだ給料がもらえていることです。

今働いている会社が倒産したり、会社から解雇されてしまった場合は、すぐに新しい仕事を探さないといけなくなります。

一方、今働いている会社が倒産しておらず、働いていて給料をもらえている場合、なんだかんだ給料が入ってくるので、転職を先延ばしにしてしまいます。

給料がもらえなくなってしまった場合は、職を探すのが最優先になりますが、なかなか給料がもらえていると、ある程度の安心感があるので、必死に取り組まなくても何とかなるだろうと思ってしまいがちです。

転職したことがない

2つ目の理由は、転職したことが無いことです。

転職したことがある方は、転職のやり方や、今働いている会社を辞める流れもわかっているので、転職活動を具体的に考えられます。

しかし、転職したことが無いと、転職したいと思っていても、具体的にどう行動するのがイメージできないので、行動に移すを躊躇してしまいがちです。

一度やってみると、転職するのはそんなに難しくないことがわかるんですが、やったことが無いとわからないことだらけで、不安な気持ちが強いと思います。

私自身、初めて転職した時は流れがわからなかったので、戸惑ったのを覚えています。

時間が取れない

3つ目の理由は、時間が取れないことです。

サラリーマンとして働いていると、残業が多い会社だと、平日の時間のほとんどを仕事に費やしてしまうことも多いと思います。

朝起きて、出社して、仕事をして、家に帰る時間が遅く寝るだけしかできない生活を送っている方もいらっしゃると思います。

実際問題、朝7時前に出社して夜遅く帰ってくる生活を続けていると、転職したいと思っていても、時間が取れないことはよくある話です。

土日が休みだったとしても、平日の疲れを取ることで休日が終わってしまうこともあるでしょう。

そして、仕事の時間が長いと、転職したいと思っていても、転職について考える心の余裕がなくなってしまいます。

行動できないと時間だけが経ってしまう

転職したいと思っていても、なかなか行動できないのは、自分だけではなく誰しも当てはまる話です。

ただ、「今」転職を考える余裕が無いと思って先送りしているうちに、1か月経ち、1年経ち、5年経ち、10年経ってしまいます。

10年経って、同じ会社で働き続けていてもいいのであれば、先送りし続けても問題ありません。

しかし、10年後同じ会社で働いていたくないと思っていて、転職したいと思っているのであれば、「今」行動するのが一番良いんです。

年齢を重ねると転職のハードルが上がる

「今」行動するのが一番良い理由は、単純に年功序列の会社だと給料が上がっていくからです。

給料が上がっていくなら問題ないじゃないかと思われるかもしれません。

しかし、給料が上がるということは、転職するときに転職先に求める年収が上がることになります。

自分が持っている能力と、会社からもらえる給料が釣り合っていればいいんですが、そうとは限りません。

サラリーマンがもらえる給料は、「会社がどれくらい稼げているか」と「会社が作った給与テーブル」でほぼ決まっています。

もちろん、どこまで昇進するかによって給料の上がり幅は変わりますが、基本的には会社の利益と給与テーブルで上限と下限が決まっていることには変わりありません。

転職したい人が行動するにはどうしたらいいのか

それでは、転職したいと思っていて行動できない人が、実際に転職するにはどうしたらいいのでしょうか。

実際に行動に移すための方法は2つあります。

【転職したい人が実際に行動に移すための方法】
・時間を作る
・転職サイトに登録してしまう

時間を作る

1つ目の方法は、時間を作ることです。

当たり前に感じるかもしれませんが、転職を実際に行動に移すためには一番重要です。

人間は、睡眠時間を含めて毎日24時間あります。

24時間は意識していてもしていなくても、みんな平等に過ぎていきます。

今までの生活は、24時間が何かしらで埋まっています。仕事・睡眠・通勤などの時間が積み重なって24時間になっているわけです。

既に埋まっている24時間の中から転職活動をするための時間を作るためには、今までやっていた何かをやめる必要があります。

睡眠時間を削るのが一番簡単に見えますが、睡眠を減らすと起きている時間の作業効率が落ちるのであまりおすすめしません。

残業時間を減らせば、減らした分の時間がそのまま使えるようになるので、残業時間を少しでもいいので減らしてみるのがおすすめです。

こうやって、転職活動のために使える時間を確保することが一番重要です。

転職サイトに登録してしまう

2つ目の方法は、転職サイトに登録してしまうことです。

1つ目の方法で、転職活動のための時間を作り出したら、作り出した時間を使って行動することが大事です。

時間を作っただけで、無駄に過ごしてしまったら意味が無いですよね。

実際に行動するためには、転職サイトに登録してしまうのが最短コースです。

転職サイトに登録することで、実際の求人を見ることができるようになりますし、応募したい転職先に合わせて書類を作ることもできるようになります。

初めて登録するのにおすすめの転職サイト3選

転職サイトと一言で言っても、様々な種類の転職サイトがあります。

転職サイトごとに、強い分野と特徴があります。自分に合うサイトを見つけられると一番良いんですが、自分に合う転職サイトを探すだけでも結構大変です。

ここでは、転職サイトを使ったことが無い方向けに、初めて登録するのにおすすめの転職サイトを3つ紹介します。

・リクルートエージェント
・doda
・マイナビ

3つとも大手なので、使ってみたいと思うところを選ぶのもいいですし、全て登録して求人を比較するのもいいでしょう。

転職を考えている方にとって一番大事なのは、まず1つの転職サイトに登録して、実際に自分に合う求人を探してみることです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、リクルートが運営する大手転職サイトです。

リクルートの名前を聞いてもあまりなじみが無いかもしれませんが、非常に大きな会社です。

会社設立は1963年で、就職活動や転職活動を扱う会社としては老舗企業です。

リクルートが運営する転職サイトは、いくつかあります。その中で一番求人が多いと言われているのが、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントは、求人数の多さが一番の特徴です。

もちろん、転職希望者は無料で利用することができます。転職を考えている方はこちらのリンク先から是非登録してみてください

doda

dodaは、パーソルキャリアが運営する大手転職サイトです。

パーソルキャリアは、もともと転職情報誌を作っていた会社で、インターネットが普及した現代では転職サイトを運営しています。

リクルートとdodaは、インターネット広告で非常に目にする機会が多い転職サイトです。

dodaは、リクルートと並んで転職サイトの中では非常に求人数が多いです。

もちろん、転職希望者は無料で利用することができます。転職を考えている方はこちらのリンク先から是非登録してみてください

マイナビ

マイナビは、株式会社マイナビが運営する大手転職サイトです。

マイナビは、「マイ」と名前がついているように、毎日新聞社の関連会社として設立されました。

1973年に設立され、就職・転職などを扱う会社の中では、歴史が長いです。

リクルート・doda・マイナビは、転職サイトの中でも非常に規模が大きく、インターネット広告でも目にする機会が多いです。

マイナビも、非常に求人数が多いです。

もちろん、転職希望者は無料で利用することができます。転職を考えている方はこちらのリンク先から是非登録してみてください

まとめ

この記事では、、転職したいと思っているけれど、実際に行動できない理由について解説しました。

内容をまとめます。

【転職したいと思っていても行動できない理由】
・なんだかんだ給料がもらえている
・転職したことがない
・時間が取れない

【転職したい人が実際に行動に移すための方法】
・時間を作る
・転職サイトに登録してしまう

転職したいと思っていてもなかなか行動できないのは、自分だけではありません。

思っているだけでは、なかなか行動に結びつかないので、思い立った今こそ是非転職サイトへ登録してみてください。

転職希望者は無料で利用できるので、転職を考えている方はこちらのリンク先から是非登録してみてください

年収800万円以上の方や、管理職・技術職の方はハイクラス転職に当てはまるので、ハイクラス転職について解説したこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
ハイクラス転職で年収を上げたい人が使うべき転職サイト こんにちは。この記事を書いているあすかです。 この記事では、ハイクラス転職でおすすめの転職サイトを3つ紹介します。 ハイクラス転職というと、ざっと年収800万円以...

この記事はここまでです。最後まで読んでくださってありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次