大企業からベンチャーに転職したい人が覚悟すべき3つのこと

本ページは広告・プロモーションを含みます

みなさんこんにちは、このブログを書いているあすかです。

この記事では、大企業からベンチャーに転職したいと考えている人が、覚悟しておくべきことを3つ紹介します。

大企業で働いている方で、大企業の窮屈さに嫌気がさしてベンチャーに転職したいと考えている方向けに、ベンチャーの現実を解説します。

新卒入社で大企業に入社して、ずっと大企業で働いていると、大企業の恵まれている部分を「当たり前」だと考えてしまいがちです。(私自身そうでした。)

大企業で働いていて、知らず知らずのうちに「当たり前」だと思っていることは、大企業以外だと当たり前ではないことはたくさんあります。その中から、ベンチャーに行ったときに覚悟すべきことを3つに絞って解説します。

転職するのを決めていて、転職サイトを探している方におすすめの転職サイトはこちらです。登録・利用は無料です。

目次

大企業からベンチャーに転職して覚悟しておくべきこと3選

早速、大企業からベンチャーに転職するときに覚悟しておくべきこと3選を紹介します。

【大企業からベンチャーに転職するときに覚悟しておくべきこと】
・給料が下がる
・福利厚生・教育・研修はほとんど無い
・仕事が細かく分けられていない

給料が下がる

一つ目は、給料が下がることです。

ベンチャーに転職する=必ず給料が下がるというわけではありませんが、大企業の時と同じ仕事をするのであれば、給料が下がる場合がほとんどのはずです。

その理由は、大企業はベンチャーと比べて給料が高く設定されているからです。

そもそも、大企業の給料が高い理由を考えてみます。

大企業は、会社の規模が大きく、既に会社が作っている製品・商品・サービスにお客さんが存在します。

お客さんが存在していて、製品・商品・サービスを提供して対価としてお金をもらうところまで、システム化されています。そうすると、半自動的に利益を生み出す仕組みが完成されているわけです。

もちろん、大企業であっても新規顧客を獲得することは必要ですし、営業活動をする必要はあります。

しかし、ベンチャーの場合お客さんが存在するかどうかわからない場合もあります。また、お客さんが存在していたとしても、利益を生み出す仕組みが確立されていないことはよくある話です。そうすると、半自動的に利益を生み出すことができる大企業と比べると、売上を立てることが難しいです。

給料はお客さんからもらった売上から原価を引いた粗利から出るので、必然的にベンチャーで働くと給料が下がってしまいがちです。

福利厚生・教育・研修はほとんど無い

二つ目は、福利厚生・教育・研修はほとんど無いということです。

大企業の場合、福利厚生は充実していることが多いです。会社が提供している福利厚生をどれだけ使っているかは、働いている人それぞれだとは思いますが、全体として充実していることは間違いありません。

無意識に使っている福利厚生で挙げられるのは、退職金制度や確定拠出年金です。

大企業で働いていると、退職金が出るのは当たり前だと感じてしまいますが、ベンチャー(ベンチャーに限らず大企業以外の会社に言えることですが)では退職金が無いことはよくあります。
退職金は額はどうあれ、大企業だと当たり前のように設定されています。定年に近くなると1000万円近い退職金が出る会社もあるでしょう。しかし、規模が小さな会社だと退職金が出ることの方が少ないかもしれません。

また、確定拠出年金も大企業だと会社負担金があり、会社からお金を出してくれる場合が多いです。確定拠出年金は、個人でも運用することはできますが、会社が確定拠出年金にお金を出してくれるかどうかは、会社次第です。

会社の中の、教育・研修も大企業だと会社負担で行ってくれますが、ベンチャーでは特にないことが多いでしょう。
なぜなら、会社負担で教育・研修を行うほど余裕が無いからです。

大企業で行われる研修や教育は、無駄なことをさせるなよと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、大企業から出てみるとありがたいことだったんだと感じます。

実際、大企業で行われる研修を自腹で受けようとすると、数万円単位でお金がかかってきます。もちろん就業時間中に研修を受けることはできませんし、非常に恵まれているわけです。
大企業は、就業時間中に従業員に研修を受けさせられるわけですから、それだけ余裕があるとも言えます。

仕事が細かく分けられていない

三つ目は、仕事が細かくわけられていないことです。

大企業で働いていると、役職によって仕事の幅は変わりますが、自分の仕事がある程度上から落ちてきて決まることが多いはずです。

しかし、ベンチャーの場合自分の仕事の範囲がはっきり決まっていないことが多いです。

自分の仕事の範囲がはっきり決まっていないことは、良く言うと仕事の裁量が広いという言い方になります。
ただ、裁量が広いということは、様々なことを自分で決めないといけないということになります。

大企業で働いていると、自分の仕事の範囲がある程度決まっていて、しかも自分に与えられた仕事をやるためのマニュアルがあったりします。

ベンチャーの場合、自分の仕事の範囲が決まっていないうえにマニュアルが無いことなんて、よくある話なので大企業とは働き方が変わってきます。

これをプラスに捉えられる人であれば問題ないと思いますが、仕事をする上でマニュアルがあるのが当たり前という感覚になっていると、結構苦しいものがあります。

大企業で働いていると恵まれていること

大企業からベンチャーに転職するときに覚悟しておくべきことを3つ紹介しました。

大企業でずっと働いていると、当たり前に感じてしまって、ありがたいと思わないことがありますが、大企業で働いていると恵まれていることを紹介します。

何より大きいのが、給料が高いことです。

大企業は、会社が大きい分利益を稼ぐ仕組みが確立しています。利益を稼げているから、従業員に高い給料を払うことができるわけです。これは、大企業でずっと働いていると感じにくい部分ですが、非常に恵まれているポイントです。

次に、自分の仕事の範囲が決まっていることです。

自分の仕事の範囲が決まっているということは、他の仕事は他の人に割り振られているので、他人に任せることができるということになります。研究開発をしている人であれば、研究開発に専念できますし、人事の人は人事に専念することができます。

最後に、上司や部下のレベルが高いことです。

大企業は、新卒入社の時点で選抜された社員が入社します。大企業にいるとそれが当たり前に感じてしまいますが、新人で一定以上のレベルの人が採用できるのは、大企業の大きな強みです。ベンチャーになると、採用しようとしても人が集まらないことだってありますし、選抜するにしても大企業ほどの選抜を行うことはできません。

大企業で働いていると恵まれている部分を3つ簡単に紹介しました。

大企業でずっと働かれている方は、3つの観点から自分の会社を見てみてください。気づかないうちに、恵まれた環境にいる可能性は高いです。(もちろん、ベンチャーや中小企業と比べたら恵まれているという話ですが。)

環境をどう捉えるかは自分次第

大企業からベンチャーに転職する時に覚悟すべきこと3選と、大企業で働いていると恵まれていることを3つ簡単に紹介しました。

給料のために働くのであれば、大企業で働いた方が確実にメリットがあります。

しかし、大企業からベンチャーに転職したいと考えている方は、大企業で働くことに疑問を感じて転職を考えている場合がほとんどだと思います。

そんな方に一度考えていただきたいのは、環境をどう捉えるかは自分次第だということです。

例えば、ベンチャーだと自分の仕事の範囲がはっきり決まっていないことが多いと書きました。
自分の仕事の範囲が決まっている大企業の働き方に疑問を持っているのであれば、自分の裁量が増えるベンチャーは向いているかもしれません。

例として、自分の仕事の範囲を出しましたが、大企業で働くにしても、ベンチャーで働くにしても、環境をどう捉えるかは自分次第なんです。

大企業からベンチャーに転職しようと思っていたとしても、給料が下がるのはどうしても許容できないのであれば、別の大企業に転職すればいいわけです。

転職したい方におすすめの転職サイト3選

ここまで、大企業からベンチャーに転職したい人が覚悟しておくべきこと3選を紹介してきました。

大企業からベンチャーに限らず、今の会社から転職したいと考えている方におすすめの転職サイトを3つ紹介します。

・リクルートエージェント
・doda
・マイナビ

3つとも大手なので、使ってみたいと思うところを選ぶのもいいですし、全て登録して求人を比較するのもいいでしょう。

転職を考えている方にとって一番大事なのは、まず1つの転職サイトに登録して、実際に自分に合う求人を探してみることです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、リクルートが運営する大手転職サイトです。

リクルートの名前を聞いてもあまりなじみが無いかもしれませんが、非常に大きな会社です。

会社設立は1963年で、就職活動や転職活動を扱う会社としては老舗企業です。

リクルートが運営する転職サイトは、いくつかあります。その中で一番求人が多いと言われているのが、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントは、求人数の多さが一番の特徴です。

もちろん、転職希望者は無料で利用することができます。転職を考えている方はこちらのリンク先から是非登録してみてください

doda

dodaは、パーソルキャリアが運営する大手転職サイトです。

パーソルキャリアは、もともと転職情報誌を作っていた会社で、インターネットが普及した現代では転職サイトを運営しています。

リクルートとdodaは、インターネット広告で非常に目にする機会が多い転職サイトです。

dodaは、リクルートと並んで転職サイトの中では非常に求人数が多いです。

もちろん、転職希望者は無料で利用することができます。転職を考えている方はこちらのリンク先から是非登録してみてください

マイナビ

マイナビは、株式会社マイナビが運営する大手転職サイトです。

マイナビは、「マイ」と名前がついているように、毎日新聞社の関連会社として設立されました。

1973年に設立され、就職・転職などを扱う会社の中では、歴史が長いです。

リクルート・doda・マイナビは、転職サイトの中でも非常に規模が大きく、インターネット広告でも目にする機会が多いです。

マイナビも、非常に求人数が多いです。

もちろん、転職希望者は無料で利用することができます。転職を考えている方はこちらのリンク先から是非登録してみてください

まとめ

この記事では、大企業からベンチャーに転職したい人が覚悟しておくべきことを3つに絞って紹介しました。

今の会社から転職したいと感じている方は、転職サイトに是非登録してみてください。

まだ、悩んでいるそんな方は、1つでいいので登録して求人を見てみるのがおすすめです。

転職希望者は無料で利用できるので、転職を考えている方はこちらのリンク先から是非登録してみてください

年収800万円以上の方や、管理職・技術職の方はハイクラス転職に当てはまるので、ハイクラス転職について解説したこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
ハイクラス転職で年収を上げたい人が使うべき転職サイト こんにちは。この記事を書いているあすかです。 この記事では、ハイクラス転職でおすすめの転職サイトを3つ紹介します。 ハイクラス転職というと、ざっと年収800万円以...

この記事はここまでです。最後まで読んでくださってありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次